ゆき化粧・秋野菜・星月まふゆの日記

小説を書く星月まふゆとイラストを描く秋野菜と2人を取りまとめるゆき化粧の1人3役ブログです。

loundrawさんの個展にお邪魔してきました。

f:id:yukimakeup:20170906002322j:plain

 

こんにちは、ゆき化粧です。

最近はすっかり気温が低い日が続いて秋を間近に感じますね。体調管理が難しい時期ですが、みなさんは風邪を引かれていないでしょうか?僕は風邪をひきました。でも大丈夫、病は気からと言うように、体調は最悪でも美しいものを見に行けば気も晴れて体調もよくなるに違いないのです!

 

と言うことで、9/5(火)より開催されたloundraw(らうんどろー)さんの個展「夜明けより前の君へ」にお邪魔してきました!(風邪は治してから行きました)私は三秋縋さんとのタッグで初めてloundrawさんを知るようになったので、ファンとしては新参者なのですが、それでもめちゃくちゃ好みの絵を描かれるのですぐ好きになりました。

 

そして勢い余って個展は公開初日に行っちゃいました!興奮冷めやらぬうちに記事にしておきたいと思います。

 

 

loundraw 22歳 夜明けより前の君へ

22歳なんですね・・・めちゃくちゃ若い。弱冠22歳で個展を開けるloundrawさんって何者なんでしょうか・・・。しかも応援コメントには声優さんからミュージシャンまでめちゃくちゃ著名な方からハチャメチャたくさんお言葉をいただいていますよね。本当に知る人ぞ知る、しかしミステリアスな人って感じです。

 

実はloundrawさんを知ってからと言うもの、意識して追っている節もありました。少し前に個人的に「かつくら」という小説ファンブックを購入した時に、loundrawさんのインタビュー記事が載っていたのも偶然ではありません。インタビュー記事ではご自身のこともお話しされてたので、もしかしたら少しだけ他の人よりloundrawさんに詳しいかもしれません(?)。

 

記事によると、loundrawさんは、絵を専門的に習われたのではなく全て手探りの独学だとおっしゃっていました。また絵のお仕事を始めたのは高校3年生〜大学1年生あたりで、10代には商業デビューを果たしたにも関わらず、進学をし、大学では工学と芸術が調和した勉強をされているそうなのです。

 

いや、とにかくめちゃくちゃすごい人だ!!!

 

このようにプロフェッショナル意識も実力も非常に高いので人としてもとても魅力的なのですが、なんだかんだ僕はシンプルにloundrawさんは絵に対して、非常に真剣であることが好きです。

 

本人のストイックさもさることながら、イラストレーターを目指す人たちに向けて、ただ描くだけでなく、ちゃんと観察して対象のことを真剣に考えて絵を描くことが大切という言葉を残しています。その考え方も非常に好きです。

 

僕も秋野菜という絵を描く存在が身近にいるので、絵については身近に考えることが多いのですが、彼の絵に対してのスタンスは結構共感できる部分があります。そうして生の、実際の出来事を大切にしているからこそloundrawさんの絵は、人物だけでなく背景にも引き込まれるのだと思います。

 

自分で言うのもなんですが、秋野菜にもそういう絵を描いて欲しいと思っています。(笑)

 

 

引き込まれる作風に、ずっと立ち尽くしていたかった。

さっきもちょっと言っちゃいましたが、感想の続きを書きたいと思います。僕はloundrawさんの絵の中で、特に表情と背景描写が好きです。それは観察とリアルを尊ぶloundrawさんの絵だからこそ生まれた好みなのだと思います。そして、彼は絵だけでなく、絵に添える言葉も非常に才能を感じさせます。

 

個展のところどころに散見するloundrawさんの発するコメント、一言一言には絵とリンクした深い意味が込められていました。ちなみに、今回の個展のタイトルにもなっている「夜明けより前の君へ」の意味も個展冒頭にて解説されています。loundrawさんの世界の入り口に相応しい言葉でした。

 

詳しくは足を運んでいただいた方の楽しみにしていただきたいです。彼のあらゆる言葉の端々には、足を運んでくださった方への万謝の念と、これから先の彼の人生に向けての躍進の意思が込められていることを感じられ、この人だから若くしてここまでたどり着けたのだなと思わずにはいられませんでした。

 

僕の気づかないところでloundrawさんの意図を踏みにじるような文章にならないか心配であるのと、僕の言葉ではその素晴らしさを伝えきれない上、内容には深く触れることができませんが、それだけにやはり実際に足を運んで欲しいと思います。あの空間だからこそ、生で見るloundrawさんの絵の迫力だからこそ、体の芯に響くものがあるのだと思います。

 

 

夜明けより前の君へ、9/17(日)までにぜひ体感してきてください!

最後に。個展は9/17(日)まで開催されており、毎週末にはライブドローイングやゲストを呼んでのイベントが行われているみたいなので、1粒で2倍楽しみたい方はぜひ週末を狙って遊びに行って見てください!自分はもう一回ぐらい時間見つけて行こうかなぁ。

 

感想を書くのはここまでにしておきます、なぜなら一刻も早く僕はこれから買ってきた図録をいやらしく眺めたいと思うからです。「夜明けより前の君へ」本当に本当に素晴らしい個展でした!loundrawさん、ありがとうございました!

 

以上、ゆき化粧でした。