ゆき化粧・秋野菜・星月まふゆの日記

小説を書く星月まふゆとイラストを描く秋野菜と2人を取りまとめるゆき化粧の1人3役ブログです。

山梨県旅行後半戦!桔梗屋工場見学をしてお散歩しました

f:id:yukimakeup:20171020151706j:plain

 

こんにちは、ゆき化粧です。

記事を分けるためのいい感じの写真を撮り忘れたので、フルーツ公園でたくさん撮った分の写真をリサイクルしました。そして予告通りに本日の記事は山梨県ツアー2日目の記事を書きたいと思います。

 

山梨県といえば信玄餅桔梗屋信玄餅工場を見学しました

山梨県のお土産の定番ですよね、信玄餅。僕も大好きな信玄餅はどのようにして作られているのか、非常にワクワクしながら2日目は信玄餅工場を見学してまいりました!

 

工場見学は終日自由な出入りとなっており、私が行った時には、地元の小学生と思われる子供達が社会科見学をしていました。子供達と共に上から眺める信玄餅工場の様子はなんだか少し感動する感じがしました。

 

ここで信玄餅豆知識をひとつ。

信玄餅は、実は昭和35年ごろから始まった洋菓子ブームへの対抗策として開発されたものです。それまでの山梨県土産では生ぶどうを砂糖の衣で包んだ「月の雫」というお菓子が主流でした。しかし、月の雫は生の果物を使って作られているだけに、1年を通しての販売が困難であることが悩みのタネだったのです。

 

そこで、とある職人が古くから食べられていた安倍川餅に目をつけました。そうです、信玄餅のルーツに、山梨県民が古来よりお盆の時期に食べていた安倍川餅というお菓子があるのです!

 

安倍川餅は餅にきな粉と黒蜜をかけて食べるお菓子で、今の信玄餅となんだか似ていますよね!その安倍川餅にプラスして、当時は斬新な手法であった「お菓子を風呂敷で包む」方法で信玄餅を完成させたのです。

 

f:id:yukimakeup:20171021115008j:plain

 

ちなみに上の写真が信玄餅の特徴である、風呂敷でお菓子を包む作業の写真です。昔と変わらず、人の手でひとつひとつ包まれているだけに、工場で最も人口密度が高い区画となっています。

 

ちなみに、ここにいる人たちは信玄餅を風呂敷で包むのに5秒でやってのけてしまうそうです。まさに信玄餅のプロですね!そんなプロ仕事を最後に見て、工場見学は意外とあっさり終わりです。思ったよりも短かったのですが、そのあとにあるちょっとしたミュージアムと、信玄餅を包む体験を楽しみ、満足して帰ることができました。

 

f:id:yukimakeup:20171021123547j:plain

ちなみに信玄餅ソフトというのも食べたのですが絶品でした!食べたあとに写真を撮ってないことに気づいたので、詳しくは桔梗屋さんのホームページでイメージを沸かせてください。ごめんなさい。

 

そして一旦石和温泉駅へ帰還しました。初日は入れなかった足湯も、人がいない頃を見計らって入浴させていただきました!

 

f:id:yukimakeup:20171021123751g:plain

 

1日目の記事で書いたと思うのですが、この足湯めちゃくちゃ熱かったです。50度くらいあるのでは?と思いました。ですが、その高温が時間が経つにつれ心地よくなり、足湯を出る頃には朝工場を歩き回った疲れが嘘のように足が軽くなっていました。皆さんも温泉街に来たら、全身浴だけでなく足湯もぜひご利用してください!

 

f:id:yukimakeup:20171021124156j:plain

 

足湯で疲れを回復したら、甲府駅まで電車に乗り、バスを利用して武田神社に来ました!その名の通り、武田信玄公で有名な神社です!授かれるご利益としては「勝運」になります。

 

武田信玄公の生前の武勲から由来して「勝負事に勝つ」というだけでなく「人生そのものの勝者になる」という非常に強い信念のご利益を授かれるようです。これからの人生を勝ちにするべく念入りにお祈りして来ました。

 

f:id:yukimakeup:20171028133356j:plain

 

僕は拝殿までしか行かなかったのですが、拝殿付近に面白いものがありました。なんと「君が代」にも登場するさざれ石が祀られていました。

 

写真に説明文も入れたから詳しく見ないで来たせいで武田信玄となんの縁故があるのか、帰ってブログを書いている今はまったく思い出せませんが、なんとなく神社にマッチしていい感じだなと思いました。

 

f:id:yukimakeup:20171028133715j:plain

 

そして武田神社から帰る頃にはお昼時を少しすぎていたので、甲府駅周辺で名物にありつこうと、十割蕎麦をいただきました。多分山梨に来て一番美味しかったです(もちろんみんな美味しかったです)

 

 

そんなこんなでもう帰りの電車がやってまいりました

 

f:id:yukimakeup:20171028133845j:plain

 

ということで今回の山梨旅行はこれにて終了です。振り返ってみると、なんだか内容が薄い気もしますが、それは多分帰って来てすぐにブログを書かなかったせいで忘れているところが多いからだと思います。

 

第一の目的は湯治なので勝手に良しとしています。そんな感じで山梨旅行を楽しみました。やっぱり旅行はいいものですね。近いうちにまたどこか旅行に行って記事にしたいと思います。大阪か金沢あたり、美味しいものを食べに行きたいです。

 

次の旅行までにはGIFをしっかりとブログに反映させられるように頑張ります(今回も貼り付けたのですがなぜか静止画になりました)。それでは今回はここまで、お相手はゆき化粧でした。バイバイ!