ゆき化粧・秋野菜・星月まふゆの日記

小説が好きな星月まふゆとイラストを描く秋野菜と暇なゆき化粧の1人3役ブログです。

iPad ProとApple Pencilが届いたよと言うお話です

こんにちは、ゆき化粧です。

 

先日2月3日は節分でしたね。僕の家族はそういう行事になぜか積極的なので豆を投げたり切断された状態で販売されていた恵方巻きをめちゃくちゃな方角を向いて食べたりしていました。

 

ちなみに節分の「豆」ですが、「魔滅」と書いてまめと読んだりするそうです。由来は、昔関西の方に鬼が出た時にえらい神様みたいな存在の方から「大豆を投げつけてみてよ」とお告げがあり、その通りにすると鬼が祓えたことから、「魔の目(まめ)」に豆を投げて「魔を滅する(まめ)」ことから節分には豆を投げるようになったそうです。

 

僕のブログも、漢字にすればたった一文字で表せるのにめちゃくちゃいろんな意味が掛かってる含蓄のあるものにしたいですね。

 

そんな僕の今日のブログは新しいおもちゃを買った報告です。めちゃくちゃガッカリさせてしまったかもしれませんが「ま~めんどくさがらずに見ていってください(まめ)」。

 

 

それではよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

iPad Proを買いました!!!!!!

 

めちゃくちゃテンションが高いように見えますが、それはiPad Proを予約注文した分、届いた時の期待値の高さを再現したからハチャメチャにテンションが高かったのです。今は真顔でこの文章を書いています。

 

 

 

そう、iPad Proをようやく買いました~~!!

 

 

 

 

 

 

 

やった~~~~!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimakeup:20180207203502j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimakeup:20180207203528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

見て見て見て~~~~!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimakeup:20180207203548j:plain

 

 

はい。前々から欲しかったのですが、iPad対応のclip studioのアプリがローンチされたことをきっかけに購入の決断をしました。12.9インチのスペースグレイです。

 

というわけでこのiPad Proはイラストを書く事を主な仕事にさせるため、後々秋野菜に与えることとして、まずは僕が触った感じの面白いところと心配していることを軽く書いてみようかなと思います。

 

 

 

 

iPad Proを買った感想。いいところと心配なところ

 

あ、ペンシルも買いました。

 

f:id:yukimakeup:20180207204554j:plain

 

さて、満を辞してiPad Proを買ったわけですが、結論を言うと僕はかなり満足しています。

 

ですが、iPad Proもある意味で発展途上の商品であり、何もかもがいい点だけで作られているわけではありません。特に僕はサッとデジタルで絵を描くことを第一の目標にしていたので満足ですが、商業に使うレベルではないと言う理由で使用に踏み出さない方もいるそうです。

 

なので今回に関しては、あくまでかる~く使うために買った人がかる~く思ったことを言うだけの記事だと思って気軽にお読みください。

 

 

 

僕の思うiPad Proの面白いところ

 

まずApple Pencilが使えること」ですね。先程申しました通り、僕はiPad Proで気軽にデジタルイラストに触れられるようにするために本機を購入しました。それにはApple PencilとClip Studio(イラストソフトの例)という2つの神器が揃う必要がありました。

 

そしてこの2つ、めちゃくちゃすごいです。パソコンと遜色ない性能のソフト、そして筆圧、感度、諸々がハイレベルなペンシル。紙と鉛筆で描くデジタルイラストと表現する人もいましたがまさにそれに近いです。

 

もともと紙と鉛筆でよく絵を描いていた秋野菜もペンタブを買った時よりはるかに抵抗がなくとても描きやすいと言っていました。本当にすごいそうです。1日の絵を描く時間がはるかに増えたそうなので本当にいい買い物をしたと思いました。

 

おもちゃとして買うのは確かに非常に高価な買い物ですが、絵が好きだけど、どうしても描く時間の確保が難しい!と言う人にとって、救済的なマシンだと思います。好きなものと一緒に過ごせる時間をお金で買えるのなら、僕なら無理しても買っちゃいます。人生に芸術は不可欠ですからね!

 

絵を描かない人にはノートアプリがオススメです。手書きで書いた文章や数式がパソコンで入力したような綺麗なテキストデータに変換してくれるアプリや複数のノートをまとめて管理できるアプリなど、徐々にアプリ軍も充実しています。

 

学生はかさばるノートをiPad Pro1台にまとめられますし、社会人の方も出先でパッと取り出してメモが取れるというのは魅力的なのではないでしょうか?興味が出てきたら是非是非ご検討を!

 

というわけで僕の感じる魅力、それはApple Pencilとのコンビネーション。新しいデジタルの形でした!

 

 

 

多分杞憂だと思うけれど心配なところ

僕が買ってから気づいたことなんですけど、iPad Proのホームボタンは感圧式ではなく物理式のボタンなんですよね。ここは意外と好き嫌いが分かれるポイントなのではないかなと思います。

 

かくいう僕も、iPhone6から7に機種変更をした時に違和感バリバリで慣れるまでは大変でした。でも今は全く問題ないです。iPad Proを触ってからこの問題を思い出したぐらいなので!

 

慣れてしまった今では僕はiPhone7のように感圧式のホームボタンの方がいいと思っています。なぜなら感圧式の方がホームボタンの故障リスクが低いそうなので…。

 

かなり前の話ですが、僕はiPhone4Sのときホームボタンが押し込めなくなって機種変更した過去があるので…。そんな背景があるので最初の違和感さえ超えてしまえば、感圧式の方が安心できるのかなと思っています。

 

とは言ってもiPhone6の時は機種変更まで全く問題なかったのできっとiPad Proも大丈夫だと信じています(とは言いつつ6の時はビビって画面に仮想ホームボタンを表示させ押し込み回数をごまかしていました)。

 

今の用途だと心配なのはそれくらいですかね。もちろんこれから使ってくうちにこうだったらいいのになと思うことは出てくると思うので、ちゃんとメモして次回作の着眼点を養いたいと思っています!

 

 

 

 

iPad Pro、まずは触ったり調べたりでやりたいことを見つけよう!

 

というわけで僕の定期的な「新しいおもちゃ買ったけど誰にも言う人がいないからブログに書いちゃおう」な記事でした。この記事がiPad Proを買おうかなと言う人の後押しや思いとどまりになればいいなとも思いますが、これはそんな堅苦しくなくただの報告の記事ですからね!

 

そしてもちろん、僕のオススメするアプリや使い方は本当に一部に過ぎないので、もしもっと良い使い方があるのに知らないのかよこいつ、と思ったらぜひ教えていただける嬉しく思います!教えてくれなくても僕は普通に暮らしていくので心配しないでください。大丈夫なんです。

 

と言うわけで、好きなことになるとたくさん喋るオタクみたいな文章を書いてしまいました(実際普段よりこの記事は文字数が多いです)が、最後まで読んでくださりありがとうございました。僕はこれからギャルが出てくるアニメを見て寝ようと思います。

 

以上、ゆき化粧でした。またね。